Black Back Yellow略してBBY!!
連続登校!!もといwww連続投稿!!!(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)

僕的にBlogでCrank Baitのカラーについてあまり語った事がないw
って、コトでこれからカラーについても書いていこうかなと思います。

第一弾は『Black Back Yellow』
a0094239_317477.jpg

写真はFD-Flamingo

なんで最初にこのカラーを選んだかと言うと!
コノ前のアメリカでのクラッシックを征したKVDのウイニングルアーである「KVD1.5」でペイントされていたカラーである。
a0094239_90568.jpg

だから解りやすいかな?と言う事で取りあげたw

それと、コレも似てるカテゴリーですねw
Classic Horton
a0094239_917173.jpg


これらカラーってあまり売れにくいんですよねw
FD-Custom baits・・・僕のブランドだけかな?最終的には全部売れちゃいますが、他のカラーに比べてオーダーがスローと言うか、売れ行きのスピードが遅いと言うか・・・
これね、多分どのショップさんやメーカーさんや個人ビルダーさんも絶対思うことがあると思うんですがw

「一番良く釣れる比較的メジャーなカラーほど売れ行きがスロー」と。

まぁルアーはシチュエーションベイトですから、このBlack Back YellowやClassic Hortonが一番良いとは言いませんが。
例えば・・・近年のハイプレッシャーレイクに成りつつある86では、派手なチャート系より、こじんまりとしたYellow系が安定した釣果をマヂかっ!!ってくらいヤバイ釣果を生むんですよね。
あと、霞水系では知り合いのバスプロやコアユーザーが好んで使うColorsでもあります。
こういったメロー系のカラーはバスをスプークさせにくく、素直に口を使わせることが出来ます。


あっ、誤解しないでねwwこの記事は『Black Back Yellow』や『Classic .Horton』を売りたいって意味で書いてないからw
こうやってBlogに書くと、ソレばかりが注目されて本来、僕の目的ではなくなってしまうから、誤解されたくないから暫くは出さないつもりw



って事で、このYellow、チャートに比べると収まった感じの控えめな派手さ。派手っていうより・・・




『きいろだなぁ』ってカンジw




んー・・・そんなことなんてどーでもいい!!

ルアーのカラーってのは、水中ではまったく違うんですよw
素材が何でアレ、どんなカラーでも。
例えば上のFD-FlamingoのBlack Back Yellowだって、水域の色、時間帯、天候で全部色調が変化しますからねw
特にこういった明るめのカラーほど、フィールド(水中)では水色、時間、天候で変わります。
この時間的、シーズナル的な水中での色調変化を理解してると、これほどオールマイティーなカラーは他に少ない気がしますねw
他にはホワイトパールとかボーンなんかもねw
陸上での見た目はYellowだけど、水中ではシャッド見たいな質感のカラーに色調変化したりします。

で、Black Back Yellowですが、その控えめなYellowがBassをスプークさせにくいのと、背中のBlackとの点滅効果でBassに意図も簡単にスイッチを入れちゃいます。

昔からあるカラーですが、未だに消えないのには、このBlack Back YellowやClassic Hortonを使いこなすアングラーにとって特別な意味があるんでしょうねw

タックルボックスに並んでる時のルアーのカラーはOFFだと思って下さい。
水中で泳いでる時のカラーがONになる。
どのカラーにもいえる事ですが。

そもそもルアーのカラーって多すぎてどれを選べば良いのか・・・
初心者さんにはちょっと難しいだろうケド、僕が初心者さんにカラーを選んでもらう時にいつも言う事があります。
僕的なアドバイスだと 「コノ中からあなたが思う、一番釣れ無そうなカラーを選んで下さい!」
と言うと、何故か皆さん僕がその時の一オシカラーを選ぶんですねw(;-∀-)
ある意味、初心者さんのビギナーズラックって、こーゆーコトなのかwと思うのでしたw

他にも色々あるけれど、いままでと少し違った観点でルアーのカラー選びをするともっと奥深いBassfishingが見えてくるはずw

フィールドに行った時は、Bassを釣るだけでなく、ルアーのカラーが水中ではどういう色調変化をしてるとか水中での景色ってとか、フィールドを観察するのも面白いですし、また一つの引き出しにもなります。

そこのあなた!
ついつい、いつも自分の好みのカラーばかり使ってませんか?
もったいねー(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)





FD-Custom baits


FD-Custom baits・HP;coming soon・・・

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー1

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー2

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー3

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー4

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー5

FD-Custom baits裏Blog(メンバー専用)
※現在メンバー募集は一切行って降りません。
※『Underground Custom Members』のメンバー様以外の問い合わせ、また受付も行って降りません。
※次期メンバー募集は未定です。



CONTACT US


fdsparrow@yahoo.co.jp

[PR]
by fd-colors4 | 2011-02-28 03:45 | その他イロ②
<< FD-Kingfisher C... Underspin Abuma... >>



FD-Custom baits
by fd-colors4
カテゴリ
全体
クランクベイト
ポッパー・ペンシル
ミノー・シャッド
ノイジー
ビッグベイト
バイブレーション
ワイヤー系
ジグ・チャター系
カスタムパーツ
カスタムルアー
ワーム系
B級ルアー
八郎潟釣果報告
野尻湖釣果報告
桧原湖釣果報告
野池・リザーバー
ミナサンカラノホウコク
タックル
トラウト
道楽コレクション
FD-Sparrow
FD-Rip Rapper
FD-乱丸R
FD-Dragon
FD-Casino Diver
FD-Flamingo
FD-Kunai
FD-Easy;Zacky
FD-DRUNKEN MASTR
FD-Penguin
FD-Kingfisher
DSR:SPY系
α-sight
アバロンチューン
フック
リペイント
R.S.D.I.
FACTOR"SE7EN"
FD-Custom baitsステッカー
ハンバイ
その他イロ②

guitar
Underground
会社概要
未分類
以前の記事
2015年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
画像一覧