「ほっ」と。キャンペーン
DTN-SILENT INNER TUNE
(自動予約更新記事です)


a0094239_16352124.jpg

以前、このワンオフの『DTN-SILENT INNER TUNE』の記事をアップした後、熱狂的なタイニークランクマニアの方から数件メールが来て、『同じ物を作ってもらえないか?』というような問い合わせがあった。

その時点では、すべて塗装の剥離が手作業の為、量産は考えてないと返答したが・・・
それから気になって仕方が無い。

その前に。
DTNというルアーは皆さんもご存知かと思うが、元々クラピー用のタイニークランクで、Bassfishingでは2通りの使い道がある。
バスが吸い込む力が無いときの、スイッチを入れて何とかついばみで食わせるクランクである。
もうひとつの使い道は下に書く。
a0094239_16395593.jpg

派手なColorと、小さな1ノッカーラトル、そしてボディーは小さく小型な為、余計なプレッシャーを与えない。

アフター、アフター回復時や低水温期に役に立つクランクで、使う場所はそのディープビル(小型だが)でストラクチャーやハードカバー、そして泥底のポイントでも使い倒せるクランクである。
ソフトカバーには適さないが、もうひとつの使い方としてショートピッチの葦手前撃ちクランクとしても有名である。
小さいがゆえに、Bassfishingがこのクランクを見失い気になって探し回り見つけたときにはバイトって構図。
ただ、葦を撃つのではなく、ブラインドを利用するともっと結果が出せる。
また泥底ではザリガニが逃げるようなイメージで使うと効果があるが、ここではそれは必要としないメソッドである。

元々Rick Clunn氏がシークレットとしてフロントフックを#6、リアを#4にして飛距離と確実なフッキングが出来るようにフックを付け替えて使用してたことが有名である。

この頃、小さなボディーなのでColorは極力派手なColorが好まれ、小さいラトルがバスをひきつけたが・・・
近年、日本のハイプレッシャー化したフィールドではこのセッティングが弱くなっている。

より、ベイトライクに、よりサイレントに。

一部ではあるが、サイレントタイプ?も存在する。
たぶん工場でボディーを形成するとき、超音波摩擦で形成してると思うけど、そのときにラトルが内部で溶けたプラにくっついて、サイレント化された物も多々ある。
塗装を落とすと、ラトル兼ウエイトがラトルルームの内部でココでいいのか?という感じで傾いて固定されている。
というか、上の写真のノーマルのDTNですらラトルが動いてる物は1個しかない。
ある意味サイレント化された固体の方が多い気がする。 


細かく言うと、ラトル兼ウエイトボールが中央で固定されておらず、側面などで固定されているので、1個1個の性格が違う(;-∀-)
ある意味、その中から使うフィールドに合うアクションを探すのも面白い。
アタリ、ハズレといわれるが、コレは各個体のアクションを理解して使い道という意味でセレクティブになったバスに対応していく。
不良品といわれそうだが、Crank Baitの使い手として、適材適所で使うので、きっちりとしたCrank Baitより面白い。

といった事からも、フィールドをシュミレーションしていくと上のFD-Custom baits/R.S.D.I.でカスタムしたDTN-SILENT INNER TUNEにたどり着く。

だが・・・

ぃぁ、別に良いんですよ。
無理にコレを使わなくても。。。

でも、ごくまれにコレにしか食ってこない季節がアル。
そんな狭い季節で一時的の使用でも。
バスも見逃したくない性格なので、面倒でも手間が掛かっても作るんです。
元々ルアーってのは、適材適所であり、バーサタイルほど弱い物は無いから。


FD-Custom baits/R.S.D.I.のDTN-SILENT INNER TUNEはRick Clunn氏のTuneとFD-Custom baits/R.S.D.I.のInner Tuneとウエイトを固定し、サイレントカスタム、そしてスローフローティングに設定することでナーバスな季節のバスでさえキャッチすることが出来る。
a0094239_16502044.jpg

Muddy waterの八郎潟ですら、タイニークランクで結果が出る。
濁りで見えないんじゃない?なんて・・・

僕から観れば、まだDTN-SILENT INNER TUNEは大きい方。

そそ、トラバスレイクやフィールドでも結果を出せるだろうね。
サイレントでこのサイズなら。


とはいえ・・・塗装剥離が薬品では不可能な為、塗装剥離はすべて手作業で行わなければいけない。
どんな剥離剤を試しても、ボディー素材のプラが溶けて膨張してフニャフニャになってしまうのである。。。
コレでは使い物にならない。
理由も解明している。
プラスチックルアーに使われる素材というのはプラスチックとゴムを混ぜた素材を使用する。
ノーマン社に限らず、旧型のスピードトラップやオールドSTORMのクリア系ボディーも同じ感じです。
ようは、ゴムの含有量が多いと、破損防止になる。だが、薬品を使っての塗装剥離にはゴムの方が薬品の浸透率が高い為、起こる現象である。

とはいえ、ゴムの量が多いと浮力は落ちる。。。
すべてはバランスが大切なんです。
逆にボーマー社のルアーは軽さを出すためにゴムを殆ど入れていない。

日本のメーカーさんはわかんないw

という、理由でDTNは手作業で塗装を落とすしかない(;-∀-)
a0094239_1650171.jpg

大まかにトップコートの表面をヤスリで削って、その後、塗装を目の細かいサンドペーパーでキレイに落として行く。
a0094239_16513257.jpg

ココまでくるのにColorにもよるが1時間は掛かる。
理由は、形成技術が全くダメなので、凸凹がある。
DTNユーザーなら意味はわかると思うが。
そういった理由からも、写真のDTNの塗装は、まだ完全には落としきれてない。。。
この細かく残った塗装を落とすのが本当に厄介な作業である。
へこんだ部分やパーティションラインなどは逆に落としにくい。

とまぁ・・・FD-Custom baits/R.S.D.I.の探究心ってアフォとか言われるが、過去にもFD-Custom baits/R.S.D.I.のカスタムルアーを使って目の前でありえないような結果を出された同船者、同行者は過去にも殆どオーダーをしてきている。
結果がまっったく違うからである。
そんなに結果が変わるなら作るでしょっwそりゃw


と、つらつら書いてきたけど、んー・・・出すかわわかんないっすww
たぶん・・あと5、6個塗装を手作業で落とすと手が死にそうになるから(;-∀-)

コレ欲しいわwって思う皆さん、期待しないで待ってて下さい(;-∀-)

ちなみに、DTN-SILENT INNER TUNEはFACTOR"SE7EN"FDC-70MLで使用してます。
MLクラスのロッドを使った方がフッキングも良いから。
ライトアクションのロッドやライトラインではフッキングしにくいです。
特にRick Clunn氏のフックチューンの固体は。

僕は10~12lbのナイロンラインを使用してます。
ロッドは上にも書いたけど
FACTOR"SE7EN"FDC-70ML(Prototype)

そして・・・この記事がアップされる頃、風邪が治ってることを祈るww



FD-Custom baits / R.S.D.I.


FD-Custom baits・HP;coming soon・・・

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー1

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー2

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー3

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー4

FD-Custom baits・釣果フォトギャラリー5

FD-Custom baits裏Blog(メンバー専用)
※現在メンバー募集は一切行って降りません。
※『Underground Custom Members』のメンバー様以外の問い合わせ、また受付も行って降りません。
※次期メンバー募集は未定です。



CONTACT US


fdsparrow@yahoo.co.jp

[PR]
by fd-colors4 | 2011-10-30 17:19 | クランクベイト
<< SPEED TRAP 11g ... ネオジウムマグネットチューン。... >>



FD-Custom baits
by fd-colors4
カテゴリ
全体
クランクベイト
ポッパー・ペンシル
ミノー・シャッド
ノイジー
ビッグベイト
バイブレーション
ワイヤー系
ジグ・チャター系
カスタムパーツ
カスタムルアー
ワーム系
B級ルアー
八郎潟釣果報告
野尻湖釣果報告
桧原湖釣果報告
野池・リザーバー
ミナサンカラノホウコク
タックル
トラウト
道楽コレクション
FD-Sparrow
FD-Rip Rapper
FD-乱丸R
FD-Dragon
FD-Casino Diver
FD-Flamingo
FD-Kunai
FD-Easy;Zacky
FD-DRUNKEN MASTR
FD-Penguin
FD-Kingfisher
DSR:SPY系
α-sight
アバロンチューン
フック
リペイント
R.S.D.I.
FACTOR"SE7EN"
FD-Custom baitsステッカー
ハンバイ
その他イロ②

guitar
Underground
会社概要
未分類
以前の記事
2015年 06月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
ブログパーツ
検索
人気ジャンル
画像一覧